Vol.27「魂の濃度を高く!教えることで徳を積もう」/2019年10月後半

9分

出来るようになってから・・・では遅い!自分が知ったことを理解できる範囲で「誰かに教える」と「魂の濃度が濃くなる」=「伝えることが多くなる」はずです。ちょと頑張って教えると、あなたの徳エネルギーが溜まっていきます。

『魂の濃度を高める方法。教えることによる徳積み』

■魂の濃度
・自分の魂の濃度が元の魂の質に近いと濃い

・出会い/所属する場所が変わっていくと魂の濃度が濃くなっていく

■世界観

・見えない世界のことは仮定を立てて直感を磨いていく。

・本当にあるかないかではなく、仮定の中で考えて、能力を磨く。

■分け御霊

・魂はもともと1つの大きな魂だった。

・1つの魂が分離され、分け御霊となって、肉体の中に入って人間として生きる。

・肉体が滅んでも魂は元に還り、輪廻転生を繰り返す。

・魂からのサイン=直感

・直感に従っていきると魂を喜ばせる道なので、より自分らしくなっていく。

・神に近い存在として仏陀/イエスなどがいるとして、最初に分離したイエスの近くにイエス的な分け御霊が集まっている。

・逆に、あれが欲しい、これが欲しい、人間関係などの悩み/恨みを持っていると、神から遠い所にいる。

■霊性と魂の濃度

・地球環境は大変だからちょこっとでも自分のできることをやってみる。
→精神/霊性が上がる。

・魂を持つ人間として精神性・霊性が上がってくると、元の魂に近づく。→濃度が濃くなる。

・人格成長、霊的成長、他人に対して役立つ話しをお伝えしたり、社会性を持つ愛とクリエーションの活動をしていくと、だんだん魂の濃度が濃い人に出会うようになってくる。

・より魂濃度が濃い領域に入ると、魂の濃い人から教えて貰える。

・出会う領域、学ぶ領域、人間関係、友達関係、講師が変わる→何か新しい学び・気付きがある。

・新しい教えを学んだり気づいたことは、少し背伸びしてでも教えることが大事。

・自分が出来ることで人に貢献してもあんまり徳は積まれない。

・ちょっと自分が頑張らないと出来ない行動自体が徳を大きくする。

・濃度が濃くなると、人間関係が変わり学ぶ内容や深さも変わってくる。

・ちょっと頑張ってみんなや友達に教える。

・背伸びして周りのために教えるから徳が積まれる。

見えないエネルギーが高まる。

・合点がいく/腹に落ちると、さらに次の濃度のステージへ

どんどん自分の本来の魂の形になる。

・自分の魂にあった喜ばせ方をしている人達が周りに増えてくる
→人間関係が面白くなる。

■まとめ

「魂の濃度が濃くなる」=「伝えることが多くなる」

ちょと頑張って教えると、徳のエネルギーが高まる。

<レポート 高橋氏>

 

https://youtu.be/J0WyRxBqmf8